.
RSS
 

エイジングケアの基礎知識

 エイジングケアという言葉をご存知でしょうか?
「アンチエイジング」が流行して最近ではテレビや雑誌などの各メディアでも、エイジングケアに関連した特集が組まれるようになりました。
エイジングケア化粧水・乳液・美容液など、様々な人気コスメが世に出ているわけですが、そもそもエイジングケアとは何なのか?
 その詳細についてあまり認識されていない方も多いことに気づきます。そこでこのページでは、エイジングケアの基礎情報をお届けします。

エイジングケアとは?

 お肌のトラブル(しわ・しみ・たるみ・くすみ・毛穴の開き・乾燥・ニキビ)から、加齢(エイジング)に対するお手入れ(ケア)のことをエイジングケアと呼びます。
肌細胞を増やしたり、肌の酸化を防いだりして、老化に立ち向かっていきます。
 ではエイジングケアとアンチエイジングの違いについてですが、基本的には同じような意味なのですが、アンチエイジングの方が老化を防止する要素が強くなっています。そのためアンチエイジングを謳えるのは医薬部外品のみとなっております。
 このため、化粧品CMでもアンチエイジングという言葉が使われておらず、その代わりにエイジングケアが使われ、今では一般の人の間でもかなり浸透しています。

年代別のエイジングケア

 お肌の曲がり角は25歳といわれていますが、実は10代後半のうちから皮膚機能は徐々に低下していきます。そのため、早いうちからのケアをおすすめします。ホルモンバランスが不安定な10代〜20代はニキビ肌のケアを中心に、乾燥・しみ・しわが目立ち始める30代〜40代には使用する化粧品選びにもこだわりを持ち、たるみが大きく出てくる50代にはリフトアップ効果を高めるマッサージもプラスされると良いでしょう。

エイジングサイン

・頬の毛穴が目立つようになってきた。
・目元、口元の小じわが目立ってきた。
・口角が下がってきた。
・シミが増えてきた。
・表情が暗い印象にみえる。
・メイクのノリがイマイチ。

 お肌に表れるさまざまなエイジングサインの大きな原因は、加齢や紫外線です。
お肌はこれらの影響を受けることで、肌バリア機能が乱れ、皮膚の水分が奪われやすくなります。
 この状態ではまだ、お肌が少し乾燥している程度の実感しかないのですが、そのままにしていると、乾燥による小ジワが大きなシワになってしまったり、さらに不安定になったターンオーバーが原因で角質が厚くなりくすみやシミができてしまう可能性も。また、毛穴が広がりお顔がたるんでしまう恐れまで。
 このような肌トラブルがたくさんおきる原因は加齢や紫外線によりお肌が乾燥してしまうからです。
ですのでエイジングケアへの対策としてお肌への保湿はとても重要です。

モルティーのトリプルローションを試してみませんか?ランキングサイトや口コミでも「美容に良い」と話題のスーパーヒアルロン酸・コエンザイムQ10・ビタミンC誘導体をたっぷりと配合したエイジングケア化粧水です。ご自身の今の肌の状態に「このままではいけない」と焦りを感じていらっしゃるのであれば、是非ご愛用ください。