RSS
 

シミの種類やケア

白く滑らかな肌に憧れている女性は、数多くいらっしゃいます。皆さん美白を目指して、きっちりと紫外線対策を行っているのではないでしょうか?シミができる主な原因は紫外線にありますが、その他にも様々な理由でシミは発生してしまうのです。

シミの種類と原因

シミには、いくつかの種類があります。紫外線でできるシミは有名ですので、こちらではそれ以外のシミの存在についてご紹介します。

その1. 炎症性色素沈着
ニキビや傷などによる炎症痕が、肌に残ってしまった状態です。この炎症痕が紫外線に触れることで、さらにシミが濃くなることもあります。炎症痕を見つけたなら、早めのケアをおすすめします。
その2. 肝斑
頬骨のあたりにできるシミで、左右対称なのが特徴です。別名「ぼんやりジミ」とも呼ばれています。薄いシミが広範囲に広がっているため、ひとつひとつはっきりと判別することができません。女性特有のシミで、女性ホルモンとの関わりが大きく、ホルモンバランスが崩れやすい妊娠中や避妊薬を飲むことで影響を受けるといわれています。
その3. そばかす
遺伝の関係でできるシミで、幼少期からあるシミになります。鼻や目の周りに多く見受けられ、思春期になると目立つようになります。紫外線の刺激で増えることもあるので、日焼け対策が必要です。

シミのケア

シミが長い間肌に残り続けるのは、肌のターンオーバーが正常に行われていないからになります。ターンオーバーが正しく行われていれば、シミは表面に押し出されていき最後は垢と一緒に排出されていきます。しかし、ターンオーバーが正常に行われていない状態ではシミが排出できずに残ってしまうのです。そのため、紫外線対策以外にも、様々なアプローチ方法でシミのケアをすることが大切です。
まずは、ターンオーバーを整えるために栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。色の濃い緑黄色野菜や、ビタミンの豊富なフルーツを積極的に摂取してみるのがおすすめです。人参やトマト、ナス、かぼちゃなどの素材を、日常のメニューに取り入れてみてください。ビタミンは、サプリメントなどを活用することで、効率よく補う方法もあります。
基礎化粧品でも、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合されている物を選ぶと良いでしょう。

シミがあると、見た目年齡が高くなってしまいます。いつまでも若々しく見られることを目指すのなら、目的に応じたケア用品を上手に使うことが必要です。いくつものケア用品を揃えるのが難しいという方は、オールインワンコスメを利用した一度でできるケアを試してみてはいかがでしょうか。オールインワンコスメは、忙しい中でも手軽にケアができるので、多忙な女性に便利と人気が高いです。是非ご活用ください。