.
RSS
 

化粧水の役割

正しいスキンケアには順番があることを、皆さんご存知だと思います。洗顔の後に化粧水、美白美容液や乳液、そして最後にクリームという順番です。油分の多い基礎化粧品を後半に使うことは、口コミでもよく知られています。一番はじめに肌へつける化粧水は、数多くある基礎化粧品の中でも非常に重要な役割があります。

乾燥を防ぐ

洗顔料を使って顔を洗うと、汚れと一緒に皮脂も落としてしまいます。皮脂は、肌をバリアする役割があります。そのため、そのまま放っておくと、肌の内側にある水分も蒸発して外に出てしまうことになり、お肌が乾燥してしまうのです。そんな、外に出た水分を補うために使用するのが化粧水です。洗顔をすると、肌はアルカリ性に傾きますが、化粧水をつけることで元の弱酸性に戻すことができます。

乾燥肌はトラブルの原因に

乾燥したままの肌は、毛穴が開いている状態です。その状態は、内側の水分がどんどん抜けていってしまい、肌の弾力がなくなってしまいます。そのまま何もせずにいると、肌のキメが乱れて、シワやたるみの原因になると言われています。アンチエイジングを目指している方にとって、乾燥は気をつけなければならない存在です。 冬などの空気が乾燥しやすい季節だけでなく、夏の時期でも、エアコンの影響により乾燥した空間で生活することが多くなりました。乾燥対策は、一年を通して行う必要があるのです。

化粧水の正しい使い方

乾燥を防ぐために使う化粧水は、洗顔後30分以内につけるのが望ましいです。洗顔が終わった直後から、肌の水分は抜けていくので、できるだけ早く化粧水を使って水分を補いましょう。化粧水は、たっぷり使って肌に浸透させる必要があります。手のひらに出して、人肌に温めてから使用すると肌に浸透しやすくなるので、じっくりと肌に馴染ませやすくなります。 肌によく浸透させようと、パッティングを行う方もいらっしゃいますが、肌に強い刺激を与えてしまうと、刺激から守ろうと硬い肌が生成されてしまいます。叩き込むのではなく、両手で顔を包み込み、優しくプレスすることで浸透を促します。プレスしている手に肌が吸いつくような感覚があれば、肌が潤ってきたサインです。このサインを感じるまで、様子を見ながら数回に分けて化粧水をつけていきます。肌が十分に潤うと、その後につける美容液や乳液の浸透率も良くなるので、焦らずじっくりとするのがポイントです。

どんなに良い成分が含まれている基礎化粧品でも。使い方を間違えるとその効果を十分に発揮することはできません。日々のケアの積み重ねが、美しさを生み出すことにつながりますので、丁寧に行うことをおすすめします。