.
RSS
 

たるみの原因

肌トラブルは、クリーム美容液などの化粧品を使用してケアしてあげることが大切です。また、加齢とともに見られる目元や頬のたるみなども、適切なエイジングケアを行う必要があります。たるみでお悩みの方は、たるみの原因について理解したうえで適切なアプローチを行い、小顔美人を目指しましょう。

 顔のたるみが起きるメカニズム

紫外線・生活習慣・乾燥などの要因から、肌を支えている組織が減ってしまい、肌自身の重みで下へ落ち込んでいくのがたるみのメカニズムです。顔のたるみが起きてしまう原因はいくつかありますが、加齢とともに皮下脂肪の新陳代謝が悪くなってしまい、コラーゲンなどの物質の生産が減少することも挙げられます。肌を支えている物質が減少することによる肌弾力の低下も、たるみを引き起こす原因と考えられているのです。しかし、たるみが発生するのは肌を支える物質の減少だけが原因とはいえません。

 筋肉の衰えもたるみと関係している

フェイスラインのたるみは、顔が大きいイメージを与えてしまいます。口角が下がったり太ってもいないのに二重あごになったりと、フェイスラインに変化が見られる場合は筋肉の衰えも原因と考えられています。

顔には表情筋と深層筋という二種類の筋肉があり、それぞれの筋肉が肌を支える役割を持っています。表情筋は、表情を作る役割があり皮膚のすぐ下で肌を支えています。深層筋は骨についている筋肉で、顔全体に血液を送る役割とともに表情を作る筋肉を支えています。

表情筋が衰えると脂肪や皮膚を支えることができなくなります。深層筋が衰えると表情筋を支えることができないだけでなく、顔全体に血液を送る力も弱くなり、肌に栄養が行き渡らなくなってしまうのです。そのため、化粧品を使ったケアとともに筋肉を鍛えることも大切なのです。

 顔の筋肉トレーニング法

顔の筋肉トレーニング方法をご紹介します。少量の水を入れたペットボトルを用意し、歯を使わずに唇でくわえて持ち上げます。持ち上げた状態で10秒キープするのを3回行います。トレーニングに慣れてきたら、徐々に水の量を増やしていくのがポイントです。

このように顔の筋肉を鍛えるのとともに、コラーゲンをバックアップする化粧品などを取り入れて、小顔美人を目指しましょう。

肌に対するアプローチに役立つ化粧品をお探しでしたら、是非モルティーの通販を活用ください。モルティーのケア用品は、気になる目元・口元・フェイスラインに対するアプローチにお役立て頂けます。継続して使用して頂けるよう、60日間返金保証のアフターサポートも充実しておりますので、是非一度お試しください。

30代からの美白習慣

30代頃になると、シミそばかすなどで悩む女性は少なくありません。40代・50代・60代と年齢を重ねても美白肌でいるためには、30代から美白習慣を心がけていきましょう。

 30代の肌の特徴

30代になると、新陳代謝の働きが低下します。そのため、体内の水分量が減少して肌のターンオーバーのサイクルも遅くなります。このターンオーバーが遅くなることでシミやたるみ、シワなどの肌トラブルが目立つようになるのです。また、今まで肌トラブルが少なかった方でも、ホルモンなどの影響で蓄積された肌ダメージが表面化し、一気にシミが増えるケースもあります。

 毎日できるケア

シミの原因は加齢やストレスなど多々ありますが、大半の原因は紫外線です。一年を通して紫外線対策を徹底していきましょう。紫外線は窓ガラスやカーテンをすり抜けて室内に侵入しますので、室内も油断できません。紫外線カット機能が付いているカーテンや窓フィルムなどを活用し、室内の紫外線対策を行うとよいでしょう。

 内側からのケア

美白を保つには、体の内側からのケアも大切です。シミには種類があり、加齢やストレス、紫外線などそれぞれ原因が異なるので、ご自身の肌トラブルの原因を見極めて正しく栄養素を摂りましょう。
加齢によるものならビタミンAやビタミンCなどのビタミン郡、紫外線やストレスによるものなら活性酸素を抑制する食材を食べるとよいでしょう。基本的には食事で摂るのが一番ですが、難しいようならサプリメントもおすすめです。

 外側のケア

肌トラブルの予防・改善には、肌のターンオーバーが重要です。30代からターンオーバーが遅くなるため、古い角質が溜まりやすくなります。ですので、週に1回はピーリングで古い角質を除去し、ターンオーバーの働きをサポートするケアをおすすめします。
また、体内や肌の水分量が減少して乾燥肌になりやすいため、保湿力の高い化粧水美容液クリームを積極的に使って肌に潤いを与えていきましょう。保湿ケアはシミやシワ、たるみなどの肌トラブル予防につながります。

 美白コスメを活用

30代の肌にはシミが沈着しているケースもあり、表面化されていないシミ予備軍もあります。まずは、毎日続けられる美白コスメを試してみませんか?
「継続は力なり」という言葉があるように、美白コスメでのお手入れは美白肌につながります。

モルティーでは、「キレイ」をお客様に届ける基礎化粧品を販売しています。美しく綺麗な肌をサポートする成分を贅沢に詰め込んだ基礎化粧品となっていますので、是非ご利用ください。

油断大敵!季節にあわせた正しいスキンケア方法

季節によって紫外線の量や気温、湿度は変化します。美肌を保つためにも、季節にあわせたスキンケアを心がけましょう

 春のスキンケア

・基本に忠実に

春は冬との気温の差が激しく、ターンオーバーが乱れて肌が不安定になる季節です。また、花粉やホコリが原因でお肌に刺激を与え、かゆみを感じることがあります。スキンケアは、弱っている肌を助けるために保湿ケアをしっかり行ってください。

・紫外線対策はおろそかにしない

春は徐々に紫外線量が増えてきます。5月頃には夏と同じ量の紫外線が降り注ぐため、美肌を維持するためにも紫外線対策も忘れずにしていきましょう。

 夏のスキンケア

夏は四季のなかでも紫外線量が多く、また、汗をかきやすいので黒ずみやニキビなどの肌トラブル要因が多い季節です。

・皮脂の悩みには

皮脂や汗のベタベタが気になり、洗顔回数を増やしたり、保湿をしない方もいますが、それらは肌トラブルを引き起こす要因です。保湿は欠かさずに行い、ベタつきが気になるなら収れん化粧水を使うなどの工夫をしましょう。

・紫外線対策を徹底する

夏は紫外線対策が大切と理解していても、うっかりして紫外線対策をおろそかにしてしまうケースがあるようです。紫外線は美白の天敵です。帽子やサングラス、日焼け止めの塗り直しを忘れずに行い、紫外線対策を徹底してください。

 秋のスキンケア

秋の肌は、夏のダメージで弱っている状態です。弱った肌をいたわり、冬に備えるためのケアをしていきましょう。

・内側のケアも大切

丁寧なスキンケアや保湿など、基本のスキンケアを丁寧に行います。また、「湯船につかる」「肌に良い食材を食べる」など、内側からのケアで肌の力を高めていきましょう。

 冬のスキンケア

冬は、風や湿度、暖房などで肌が乾燥しやすい季節です。乾燥肌はシミやしわ、たるみなどの肌トラブルのリスクを高めます。乾燥から肌を守るために、保湿力の高い美容液クリームを使い、しっかり肌に潤いを与えていきましょう。

モルティーでは、季節を問わずお使い頂ける化粧品を販売しています。乾燥肌や敏感肌、吹き出物などの悩みにも対応でき、長くお使い頂けます。美白肌を保ちたい、肌トラブルを改善したいなど、肌に関する悩みをお持ちの方に、是非お使い頂きたい化粧品です。

老け顔をつくるしみ・そばかす対策

老け顔は年齢を重ねた方だけではなく、20代や30代など早くから悩む方が多いようです。皆さんは老け顔になっていませんか?

 老け顔のデメリット

多くの方は年齢を重ねれば、若々しく見られたいことでしょう。しかし、老け顔は実年齢よりも上の年齢に見られるため、気持ちも老けこみやすいです。気持ちが老け込めば、表情や考え、姿勢にもあらわれ若々しさが失われます。自信をなくし、毎日を楽しく過ごせなくなることでしょう。また、周囲にも影響します。後ろ向きな人は魅力が感じられず、不幸に見えるので近寄り難い存在に思えます。
今日という日は一度しかありません。だからこそ、イキイキと楽しく過ごすために前向きでありたいものです。そのためにも、老け顔対策を行っていきましょう。

 老け顔の原因と対策

老け顔にデメリットが多いことは、お分かり頂けたと思います。次は、老け顔を改善するための原因と対策を知っていきましょう。
○原因
老け顔の原因はたるみやくすみ、シワなどがありますが、他にもしみ・そばかすが挙げられます。若々しく見える肌の要素の一つは透明感です。しみ・そばかすがあると肌は黒ずんで見えるので、老け顔に見えてしまいます。
○対策
しみ・そばかすの対策には

・紫外線対策を徹底する

・美白によい成分が含まれる食材を食べる

・正しい洗顔

など、毎日の心がけが大切です。
また、乾燥肌・敏感肌の方は、健康な肌よりもダメージを受けやすく、しみ・そばかすができやすいといわれています。ダメージを受けると、あっという間にしみ・そばかすの原因であるメラニンが生成されますので、乾燥肌・敏感肌の方は保湿ケアに力を入れていきましょう。

モルティーでは化粧水美容液、オールインワンジェルなどのスキンケア用品を販売しています。肌に優しい天然成分を配合し、無添加オイルフリーと安全性にこだわったスキンケア用品です。乾燥肌・敏感肌の方でも安心してお使い頂けます。
季節や肌質問わず使用できますので、是非モルティーのスキンケア用品をご利用ください。

10歳見た目を若くする眼輪筋トレーニング

見た目が老けて見える原因に目元のたるみ、しわ、くまなどの目元のトラブルがあります。目元のトラブルには、眼輪筋が密接に関係しています。目元のトラブル改善に眼輪筋トレーニングをはじめてみませんか?

 目の下のトラブルと関係している眼輪筋とは

そもそも目元のトラブルに関係している眼輪筋とはなんでしょう?
眼輪筋とは、目の回りをぐるっと囲んでいる筋肉です。まぶたの開け閉め、涙の循環を助けるなどの役割を担っています。
眼輪筋は加齢と共に衰え、皮膚がたるみ、見た目に大きく影響します。上まぶたがたるむと、目が小さく見えてしまい、下まぶたがたるむと、目元のシワ、目の下のくま、くぼみができるなど、老け顔の原因になります。

 眼輪筋トレーニングをはじめよう!

眼輪筋は普段あまり使われていない筋力です。トレーニングで意識的に鍛えていきましょう。

・5秒間目をぎゅっと閉じ、次に目を大きく開いて正面を見ます。上下左右行いましょう。

・目を開いたまま、八の字に目を動かします。時計回り、反時計回りを各5回ずつ行います。

・鏡を見ながら、薄目(眩しいものをみた目つき)をします。

  このとき、下まぶたが普通の状態より2、3mm上がっている状態にし、10秒ほどキープしてください。

・目尻の少し上を指先で斜め上に引き上げておさえます。

  そのままの状態で目を閉じ、10秒ほどキープしましょう。

また、おでこの凝りを指の腹でほぐすのもおすすめです。おでこの凝りが解消されると、目がすっきりします。

モルティーでは、目元のしわ、たるみなどのケアにお使い頂ける美容液クリームなどの基礎化粧品を販売しています。今まで多くのお客様にお使い頂き、たくさんの喜びのお声が寄せられました。成分にこだわり、女性のキレイを応援する基礎化粧品です。
目元のトラブル以外にも、ほうれい線や口角のたるみ、首のたるみなど、年齢が出やすい部分のトラブルでお悩みなら、是非モルティーの基礎化粧品をお試しください。

顔のたるみを招く肌のお手入れ勘違い

皆さんは、毎日正しい肌のお手入れをしていますか?
お手入れは肌に直接触れて行うことなので、間違ったお手入れを続けるとダメージが蓄積され、たるみを引き起こします。顔のたるみを予防するためにも、間違ったお手入れを勘違いして続けていないか見直してみましょう。

 間違った洗顔方法

・洗顔のしすぎ

必要以上に洗顔をすると潤いに必要な皮脂も取り除かれ、肌の老化を招きます。日本人は綺麗好きな方が多く、洗顔をしすぎる方が多いようです。1日に使う洗顔料は最低2回まで、朝はぬるま湯ですすぐだけでも問題ありません。

・こすっている

顔を洗うとき、水分を拭き取るとき、こすっていませんか?摩擦は、肌にダメージを与えます。痛みは感じなくてもダメージは蓄積されるので、優しく洗う・拭き取るを心がけましょう。

 間違った化粧品の使い方

・パッティング

基礎化粧品を肌につけるとき、パッティングをしていませんか?
肌に良かれと思って行っているパッティングは、浸透力が低下するばかりか、肌を傷つける原因です。毎日続けると肌は刺激から守ろうとして硬くなり、たるみなど、様々な肌トラブルを招きかねません。
基礎化粧品をつけるときは、手で優しくおさえるようにして浸透させるのがおすすめです。

・保湿

保湿は美肌の維持に欠かせないスキンケアです。「時間がない」「肌のベタつきが気になる」などの理由で、保湿を怠ってしまうこともあるでしょう。しかし、保湿を忘れると乾燥肌を招き、たるみの原因です。保湿を忘れがちな方は、オールインワン化粧品の活用をおすすめします。

モルティーでは季節や肌の悩み問わずお使い頂けるオールマイティーなオールインワン化粧品や美容液クリームなどの基礎化粧品を販売しています。たるみ以外にも目元のトラブルや二重あごなどのケアにもお使い頂けます。
肌に良い成分を詰め込み、石油系合成界面活性剤や防腐剤、香料や着色料は使わず安全性にこだわりました。生涯ケアとしても使用可能です。肌に関する悩みをお持ちでしたら、是非一度モルティーの基礎化粧品をお試しください。

しわの豆知識

目元おでこほうれい線しわは女性の大敵です。化粧品を活用してエイジングケアすることも大切ですが、まずはしわについての知識を深めていくことも重要です。知識を深めることで、しわに対し正しいアプローチをすることにつながります。

 しわの種類

しわにはいくつか種類があることをご存知でしょうか?この種類によって、対策方法やアプローチも異なります。では、しわは何種類あるのでしょう。

・ちりめんじわ

目元などによく見られる浅くて細いしわです。別名では小じわともいわれていて、乾燥や紫外線にあたることが主な原因と考えられています。

・表情しわ

顔の表情にあわせて見られるようになるしわです。例えば表情を作る時に、目元・眉間・おでこなどに現れるしわが表情しわといえます。加齢とともに、表情しわも深くなっていきます。

・真皮のしわ

しわができたことを自覚するようになった場合、ほとんどはこの真皮しわです。皮下脂肪の増減や重力、皮膚の弾力性が失われることで生じると考えられています。

主にこの3種類のしわが、女性の悩みの種となっています。

 それぞれのしわで異なるアプローチ方法

紫外線や乾燥など、しわの原因によってもアプローチ方法は異なります。紫外線によってダメージを受けた肌はコラーゲンをバックアップしてあげることと、ビタミンCを補給することが大切です。また、乾燥が原因なら保湿を意識しましょう。小さくて持ち運びも便利なフェイスミストなら、化粧くずれを気にすることなくいつでも肌に潤いを与えることができます。

表情しわに対しては、無理な表情をせずに自然な表情を作ることが大切です。そのためにはストレスやイライラを感じないように心がけることがポイントといえます。また、化粧水や美容液などの化粧品を使用する際は、表情ぐせがある皮膚の部分をチョキで広げてから塗るようにするのもおすすめです。表情しわが、真皮のしわにランクアップするとも考えられているため、しわが見られたら早めにケアしてあげることが大切なのです。

モルティーでは、クリームや美容液などスキンケアに役立てることができる基礎化粧品をご提供しております。美しい肌に欠かせない成分を含んだ、モルティーのスキンケア商品を是非お試しください。

肌のために食生活で気をつけること

敏感肌・トラブル肌で悩まされている方、今よりもっと美白・美肌を目指している方など、肌に関することで悩みを抱える女性はたくさんいらっしゃいます。お肌の健康は、敏感肌やトラブル肌に優しい無添加弱酸性といったスキンケア用品の使用を心がけるとともに、食生活で健康な肌を目指すための注意点を知ることも大切です。こちらでは、食生活で気をつけることについていくつか挙げてみました。

 冷たいものを控える

冷たいものはなるべく控えるようにすることが大切です。冷たいものを摂取すると、人間の体内を通る血液の流れが悪くなります。血中の老廃物(脂分など)が冷えて固まり、血行を阻害してしまうのです。血行が悪くなることによって、肌に栄養が行き届かなくなる可能性も高くなり肌の代謝が下がってしまいます。冷たい食べ物や冷たい飲み物をよく選ぶ女性は、注意してみてはいかがでしょうか。

 野菜ジュースやフルーツジュースの摂取について

野菜ジュースやフルーツジュースはお肌にも健康にも良いイメージがあります。多くの女性がコンビニやスーパーで販売されているこれらのジュースを積極的に取り入れているかと思いますが、実は注意が必要なのです。

冷たい野菜ジュースやフルーツジュースは体を冷やす原因のひとつです。また、糖分も高く添加物も多く含まれていることがあるため、市販のジュースで全てのビタミンを補おうとしないことが大切です。お肌のことを考えるなら、自家製のミックスジュースを作ってお肌に必要な栄養を補い、常温のお茶や白湯などを適量摂取することが大切です。

 便秘気味な方

便秘は腸内細菌のバランスを乱しているだけでなく、肌にとって必要となるビタミンB群の合成も妨げていると考えられています。そのため、腸内環境を整えるヨーグルトや納豆などの発酵食品の摂取を心がけることも、食生活で気をつけるポイントといえます。日頃の食生活を注意するとともに、オイルフリーのスキンケア用品などを活用して敏感肌やトラブル肌に対するスキンケアも欠かさず行いましょう。

肌に優しい化粧水美容液など、高品質なスキンケア用品の購入はモルティーをご利用ください。モルティーのスキンケア商品は楽天総合ランキングで上位にランクインする人気商品ばかりです。メディアでも取り上げられている他、多くのお客様から嬉しいお言葉を頂いております。是非一度、モルティーのスキンケア用品をお試しください。

美白と栄養の関係性

シミそばかすなどの肌トラブルは、美白を目指す女性にとって大きな悩みの種です。美白を目指すためにもスキンケアが欠かせませんが、肌に対するアプローチだけでなく、内側から美白を目指すことも大切です。こちらでは、美白と栄養の関係性についてご紹介していきます。

 美白と栄養の深い関係

ダイエットを始めると肌荒れに悩まされるという女性も多く見られます。様々なダイエット方法がありますが、多くの方が食事制限をメインとした方法を行っているのではないでしょうか。ダイエット中の肌荒れの原因は、食事制限による栄養不足です。美白や美肌を目指すためには、肌と深く関係している栄養についても見直し、内側からのアプローチも心がけましょう。

 内側からのアプローチに必要な栄養素

美白や美肌を目指す女性にとって、最も必要とされる栄養素がビタミンA(カロテン)といわれています。ビタミンAには新陳代謝を促す役割があるとされており、その他にもビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEも内側からの美白作りに必要な栄養素です。

また、健康な肌に必要となるタンパク質を摂取することも大切です。タンパク質はアミノ酸で構成されています。ひとつのアミノ酸が多く含まれているより、バランス良く様々なアミノ酸が含まれていることが重要なのです。カルシウム・亜鉛・鉄分も含めてたくさんの栄養素をバランス良く摂取することが、内側からの正しいアプローチ方法です。

 調理方法の工夫でより効果的に栄養を摂取

生野菜をそのまま食べるよりも、ミキサーにかけてフレッシュフルーツジュースにすることで、体内への吸収率もアップします。また温野菜を作る際は、ビタミンCが逃げないように短時間で調理できる電子レンジの活用をおすすめします。ビタミンCは長い時間茹でてしまうと栄養がお湯に溶けて外へ逃げてしまうので調理方法にも注意が必要です。

肌に最適な栄養と調理方法で内側からのアプローチを目指すとともに、素肌に直接働きかけるスキンケアも怠らずに行いましょう。

化粧水美容液クリームのスキンケア商品をお探しでしたら、是非モルティーの通販をご利用ください。栃木県と広島県に計3店舗あるエステサロンで使用しているスキンケア商品を、全国の女性に活用して頂ければと思い、通販展開をしております。是非お試しください。

美白のために避けたい習慣

美白のためには紫外線を浴びないことに加え、その他にも避けたいことがいくつかあります。
こちらで美白のために避けたい習慣をご紹介いたします。

光毒性が含まれる食べ物の過剰摂取

光毒性は、私たちが普段から摂取している柑橘類の果物やきゅうり、一部の香味野菜に多く含まれています。
紫外線に反応する成分で、私たちが光に当たることで反応し、肌に何かしらのダメージを及ぼします。

この光毒性を含んだ食べ物を食べると、どんなに紫外線対策をしてもシミなどの肌トラブルを引き起こすことが考えられますので、美白のことを考えるなら光毒性が含まれる食べ物の過剰摂取は避けることが大切です。

熱いシャワーを浴びる

シャワーの温度が高い方が肌の汚れは落ちる気もしますが、肌の汚れというのは高温でなくても落ちます。
むしろ、高い温度は肌のバリア機能に欠かせない最低限の皮脂や常在菌を洗い流すことになってしまいます。そうなると乾燥や肌トラブルを引き起こしますので、美白とは程遠くなります。そのため、熱いシャワーを浴びることは避けることをおすすめします。

美白ケアコスメをすぐにやめる

肌のターンオーバーは約28日です。美白ケアコスメの効果も同程度の期間を要します。しかし、目に見える効果というのは3ヶ月〜半年、濃いシミやくすみなどの場合は1年以上かかることもあります。

つまり、美白ケアコスメの効果というのは、継続しなければ得られないのです。したがって美白のためには、美白ケアコスメをすぐにやめることは避けるようにしましょう。毎日しっかりと続ければ少しずつ効果を実感できるでしょう。

美白になりたいとお考えの方は、美白のために避けたいことを把握しておきましょう。それが美白美人への近道です。そして美白美人になるためには、是非モルティーをご利用ください。

モルティーでは、スキンケア・美白ケアコスメを販売しています。美容液をはじめ、化粧水や洗顔・クレンジング、クリームなど、皆様の美肌・美白をサポートするスキンケア・美白ケアコスメを豊富に取り揃えています。シミやそばかすを改善したい、シワやたるみの予防をしたいとお考えの方は、是非モルティーのスキンケア・美白ケアコスメをお試しください。

オールインワンコスメのメリットと使い方

女性にとって毎日のお肌のお手入れは美肌を保つのに欠かせません。しかし、仕事や家事、育児など忙しい日々を過ごしていると、お肌のお手入れがおろそかになってしまう方は多いのではないでしょうか。そんな忙しい女性の強い味方ともいえるべきスキンケア用品が「オールインワンコスメ」です。

オールインワンコスメのメリット

化粧水・美容液・乳液が全て一つになったオールインワンコスメ。「便利そうだけど、スキンケアが中途半端になってしまうのでは」と使うのをためらっている方は多いのではないでしょうか。しかし、オールインワンコスメには、多くのメリットがあります。

・時短ができる

化粧水・美容液・乳液などが全て一つになっており、ワンステップでお肌のお手入れが終わります。洗顔を終えたあと、化粧水を塗って次に美容液、乳液と面倒なステップを省くことができます。なかには化粧下地の役割をもつものもありますから、忙しい朝の強い味方といえるでしょう。

・節約ができる

一つだけで全てのスキンケアができるので、とても経済的です。お肌のトラブルで悩み、高価なスキンケア用品を購入する方は多いことでしょう。しかし、高価過ぎて継続して購入できず中途半端になってしまっては意味がありません。美肌を保つのに必要なのは、毎日の丁寧なスキンケアです。オールインワンコスメなら、無理なく続けられることでしょう。

オールインワンコスメの上手な使い方

オールインワンコスメはシンプルケアなので、物足りなくてつい塗り過ぎてしまう傾向があります。たっぷり塗るとベタつきが残ってしまうので、少量ずつ手にとってお肌に伸ばしていきましょう。お肌の乾燥が気になる箇所は、重ね塗りをしてください。

モルティーでは、洗顔後のオールインワンコスメとしてお使い頂ける美容液を販売しています。安全性を考え、香料、着色料、防腐剤などは一切使用していないので、安心してお使い頂けます。是非、毎日のお肌のお手入れにご利用ください。

エイジングサインを知ろう

自分は若いからまだエイジングケアを始めなくても大丈夫だと思っていませんか。お肌の老化は20代後半から始まっています。年を重ねてもきれいな肌を維持するために、お肌の「エイジングサイン」を見逃さないようにしましょう。エイジングサインに早くから気がつけば、エイジングケア化粧水などを利用してエイジングケアがスタートできます。

代表的なエイジングサイン

・目元、口元の乾燥が気になる
・肌のキメが粗くなっている
・毛穴が開いて目立つようになってきた
・ほうれい線や目尻、口元のシワが気になる
・肌の明るさやハリが昔に比べて失われた気がする
・目の下のくまが気になる、コンシーラーでもカバーできない
・アイラインがうまくひけない
・ほおのたるみ

ほかにも様々なお肌の変化がありますが、上記の項目にあてはまる場合エイジングケアをスタートしたほうがいいかもしれません。

様々なエイジングケア

エイジングケアと一言でいっても、様々なアプローチ方法があります。エイジングケア化粧水などを使ったスキンケアも大切ですが、ライフスタイルや食生活の見直しも大切です。お肌の老化の原因である紫外線対策はもちろん、適度な運動や十分な睡眠時間を心がけるようにしましょう。まずは無理のない範囲で、できることから始めるようにしてみてください。

毎日のスキンケアでは、お肌の乾燥対策がメインになってきます。年を重ねると肌の水分量が低下していきます。肌が乾燥するとシワの原因になるだけではなく、バリア機能が低下し様々な肌トラブルの原因になります。

モルティーではエイジングケアに役立つスキンケア用品を販売しています。多くの女性雑誌にも取り上げられ、楽天総合ランキングでも上位にランクインしています。

素肌美人を目指している方、エイジングケアをスタートしたい方は、是非モルティーで販売しているエイジングケア化粧水などのスキンケア用品をお試しください。米ヌカセラミド・スーパーヒアルロン酸・コエンザイムQ10・ビタミンC誘導体を配合したスキンケア用品となっています。

お肌の仕組みを知って正しいエイジングケアを

30代・40代になってくると、シミ・シワ・たるみ・くすみなどの年齢肌によるトラブルが目立ってきます。そんな年齢肌対策として注目されているのが「エイジングケア」です。正しいエイジングケアを行うためにも、表皮と真皮で構成されるお肌の仕組みを把握しておきましょう。

表皮

厚さ0.2〜0.3mm程しかない表皮の一番外側にある角層は、肌を外部刺激から守ってくれるバリア機能と肌内部の水分を蒸発しないように守る役割を果たしています。角層の下は肌の生産工場となっており、表皮の一番下にある基底層で作られた新しい表皮細胞は徐々に上に押し進み、角質細胞に変化を遂げて垢として剥がれ落ちるのです。この肌が生まれ変わる仕組みのことを「ターンオーバー」と呼んでいます。

しかし、加齢やストレス、生活習慣などの様々な要因でターンオーバーのサイクルが乱れたり、角層のバリア機能が十分に働かなかったりすると、シミやくすみなどの肌トラブルを引き起こすのです。

真皮

表皮の下で肌の土台を築いているのが真皮です。真皮は網目状に張り巡らされている繊維物質のコラーゲンと、それを繋ぎ止めているサポート役のエラスチン。網状構造のすき間を埋めるゼリー状のヒアルロン酸で構成されています。

主な役割としては、水分を維持してお肌の潤いと弾力を保ち、毛細血管により肌全体に栄養と酸素を届けることです。真皮に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が減少すると、肌の弾力が失われてシワやたるみが目立ってきてしまいます。

表皮と真皮の働きを正常に行うためにも、減少してしまう成分をエイジングケア化粧水によって外から補い、潤いを閉じ込めるように乳液や保湿クリームで蓋をしてあげる必要があります。

モルティーでは、年齢肌でお悩みの女性におすすめのエイジングケア化粧水・保湿クリーム・美容液などの基礎化粧品をご提供しております。どんな肌質の方にもお使い頂けますので、季節や肌のお悩みによって変える必要はありません。1つのシリーズを生涯愛用し続けられます。

敏感肌について

髪や服が触れるなどのちょっとした刺激や、スキンケア化粧品を変えるだけで、過剰に反応して肌荒れを起こしてしまう「敏感肌」。現代の女性には、この敏感肌に悩まれている方がたくさんいらっしゃいます。こちらでは、そんな敏感肌のことについてご説明します。

敏感肌ってどんな肌?

敏感肌というのは、上記にもあるようなちょっとした刺激に対して、普通の人よりも過剰に反応してしまう肌のことです。医学的に名づけられているわけではなく、あくまでも一般的な呼び名になります。
敏感肌に多い肌トラブルには、「乾燥」や「ニキビ」、「ヒリヒリする」、「赤みを伴う痛みやかゆみ」などがあり、治りが遅くて重症化しやすいのが特徴です。敏感肌には個人差もありますが、ホコリや花粉などのささやかな刺激にも反応してしまい、肌トラブルを起こしてしまうのも珍しくありません。

敏感肌の原因

敏感肌の一番の原因としては、肌の乾燥によって肌のバリア機能がひどく低下していることが挙げられます。肌のバリアが上手く働かない状態は、外部からのちょっとした刺激、例えば化粧品に反応してヒリヒリとしたり、髪や花粉などでかゆみなどを感じたりしてしまうのです。

では、なぜバリア機能が低下してしまうのでしょうか?これには、主に内的要因と外的要因の2つが挙げられます。内的要因では、「ストレス」や「アレルギー」、「食生活」などが考えられ、外的要因には「紫外線」や「エアコンによる乾燥」、「間違ったスキンケア」などがあります。これらの要因によって、肌のバリア機能が低下してしまうのです。

敏感肌の肌ケア

敏感肌の肌ケアには、とにかく刺激の少ないスキンケア用品を選ぶことと、保湿が大切になります。敏感肌にとって、強い刺激や乾燥は大敵です。例えば、毎日行うクレンジングは肌にとって特に刺激の強い行為になります。それゆえ、肌に必要な油分までを落としてしまわないように、オイルタイプの使用は避けてクリームタイプを使用するのがおすすめです。

また、保湿に使用する化粧水やクリームには、高い保湿能力を持つセラミドが配合されているものを選ぶと良いでしょう。敏感肌には、きちんとした適切なケアが大切です。「もしかして」と思ったなら、敏感肌の肌ケアを試してみてください。

モルティーでは、このような敏感肌にも使用できる敏感肌化粧水やクレンジング、クリームなどの基礎化粧品を取り扱っております。モルティーへ寄せられた、お客様からのレビューなどもご参照頂けますので、口コミが気になるという方は是非ご確認ください。また、様々なお肌のお悩みについてのご相談も承っておりますので、肌のお悩みをお持ちの方はお気軽にモルティーまでご相談ください。

おすすめのスキンケア商品をお探しなら

人によって、その肌質は異なります。また、肌は季節や身体の状態によっても肌質が変わることがあります。夏などの暑い時期には、汗をかきやすくなるため脂性肌になりやすいのですが、その反面寒い時期になると、肌が乾燥しやすくなるのです。そのため、スキンケア用品にも様々な種類があり、一つのシリーズの商品であっても、肌質に合わせた成分が配合されている化粧水や保湿液、美容液などが販売されています。

スキンケア用品選びに失敗しないためには、定期的に現在の自分の肌がどのような状態なのかをチェックすることが、美肌を目指すためには大切なポイントです。化粧水や美容液などのスキンケア用品は、直接肌に使用して働きかけるものになります。だからこそ、肌質に合っているものを使わないと、肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまう原因となるのです。自分の肌質と見比べて、慎重に選ぶことをおすすめします。

美しい肌を目指している方に是非おすすめしたいのが、モルティーでご提供している美白スキンケアです。特に、楽天ランキングでも人気の高い「BRAND-NEW」のシリーズは、肌のお悩みを抱えている多くの女性にご利用いただきたい商品となっております。
美肌の条件である潤い・ハリ・弾力を維持してくれるヒアルロン酸やコメヌカセラミド、お肌のターンオーバーを陰ながら支えてくれるビタミンC誘導体、思わず触りたくなるようなツヤのあるお肌を実現してくれるコエンザイムQ10が配合されているので、自信を持ってお届けしております。

「肌に合うのか分からない」と、不安になる方もいらっしゃると思います。モルティーでは、初めての方限定でBRAND-NEWシリーズの化粧水と美容液のトライアルセットをご用意しておりますので、まずはそちらで肌に合うかお試しになってみてはいかがでしょうか? 憧れの美肌を手に入れるためには、毎日のお手入れが非常に重要なポイントとなりますので、是非モルティーの美白スキンケア用品をお使いになってみてください。

シミの種類やケア

白く滑らかな肌に憧れている女性は、数多くいらっしゃいます。皆さん美白を目指して、きっちりと紫外線対策を行っているのではないでしょうか?シミができる主な原因は紫外線にありますが、その他にも様々な理由でシミは発生してしまうのです。

シミの種類と原因

シミには、いくつかの種類があります。紫外線でできるシミは有名ですので、こちらではそれ以外のシミの存在についてご紹介します。

その1. 炎症性色素沈着
ニキビや傷などによる炎症痕が、肌に残ってしまった状態です。この炎症痕が紫外線に触れることで、さらにシミが濃くなることもあります。炎症痕を見つけたなら、早めのケアをおすすめします。
その2. 肝斑
頬骨のあたりにできるシミで、左右対称なのが特徴です。別名「ぼんやりジミ」とも呼ばれています。薄いシミが広範囲に広がっているため、ひとつひとつはっきりと判別することができません。女性特有のシミで、女性ホルモンとの関わりが大きく、ホルモンバランスが崩れやすい妊娠中や避妊薬を飲むことで影響を受けるといわれています。
その3. そばかす
遺伝の関係でできるシミで、幼少期からあるシミになります。鼻や目の周りに多く見受けられ、思春期になると目立つようになります。紫外線の刺激で増えることもあるので、日焼け対策が必要です。

シミのケア

シミが長い間肌に残り続けるのは、肌のターンオーバーが正常に行われていないからになります。ターンオーバーが正しく行われていれば、シミは表面に押し出されていき最後は垢と一緒に排出されていきます。しかし、ターンオーバーが正常に行われていない状態ではシミが排出できずに残ってしまうのです。そのため、紫外線対策以外にも、様々なアプローチ方法でシミのケアをすることが大切です。
まずは、ターンオーバーを整えるために栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。色の濃い緑黄色野菜や、ビタミンの豊富なフルーツを積極的に摂取してみるのがおすすめです。人参やトマト、ナス、かぼちゃなどの素材を、日常のメニューに取り入れてみてください。ビタミンは、サプリメントなどを活用することで、効率よく補う方法もあります。
基礎化粧品でも、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合されている物を選ぶと良いでしょう。

シミがあると、見た目年齡が高くなってしまいます。いつまでも若々しく見られることを目指すのなら、目的に応じたケア用品を上手に使うことが必要です。いくつものケア用品を揃えるのが難しいという方は、オールインワンコスメを利用した一度でできるケアを試してみてはいかがでしょうか。オールインワンコスメは、忙しい中でも手軽にケアができるので、多忙な女性に便利と人気が高いです。是非ご活用ください。

化粧水の役割

正しいスキンケアには順番があることを、皆さんご存知だと思います。洗顔の後に化粧水、美白美容液や乳液、そして最後にクリームという順番です。油分の多い基礎化粧品を後半に使うことは、口コミでもよく知られています。一番はじめに肌へつける化粧水は、数多くある基礎化粧品の中でも非常に重要な役割があります。

乾燥を防ぐ

洗顔料を使って顔を洗うと、汚れと一緒に皮脂も落としてしまいます。皮脂は、肌をバリアする役割があります。そのため、そのまま放っておくと、肌の内側にある水分も蒸発して外に出てしまうことになり、お肌が乾燥してしまうのです。そんな、外に出た水分を補うために使用するのが化粧水です。洗顔をすると、肌はアルカリ性に傾きますが、化粧水をつけることで元の弱酸性に戻すことができます。

乾燥肌はトラブルの原因に

乾燥したままの肌は、毛穴が開いている状態です。その状態は、内側の水分がどんどん抜けていってしまい、肌の弾力がなくなってしまいます。そのまま何もせずにいると、肌のキメが乱れて、シワやたるみの原因になると言われています。アンチエイジングを目指している方にとって、乾燥は気をつけなければならない存在です。 冬などの空気が乾燥しやすい季節だけでなく、夏の時期でも、エアコンの影響により乾燥した空間で生活することが多くなりました。乾燥対策は、一年を通して行う必要があるのです。

化粧水の正しい使い方

乾燥を防ぐために使う化粧水は、洗顔後30分以内につけるのが望ましいです。洗顔が終わった直後から、肌の水分は抜けていくので、できるだけ早く化粧水を使って水分を補いましょう。化粧水は、たっぷり使って肌に浸透させる必要があります。手のひらに出して、人肌に温めてから使用すると肌に浸透しやすくなるので、じっくりと肌に馴染ませやすくなります。 肌によく浸透させようと、パッティングを行う方もいらっしゃいますが、肌に強い刺激を与えてしまうと、刺激から守ろうと硬い肌が生成されてしまいます。叩き込むのではなく、両手で顔を包み込み、優しくプレスすることで浸透を促します。プレスしている手に肌が吸いつくような感覚があれば、肌が潤ってきたサインです。このサインを感じるまで、様子を見ながら数回に分けて化粧水をつけていきます。肌が十分に潤うと、その後につける美容液や乳液の浸透率も良くなるので、焦らずじっくりとするのがポイントです。

どんなに良い成分が含まれている基礎化粧品でも。使い方を間違えるとその効果を十分に発揮することはできません。日々のケアの積み重ねが、美しさを生み出すことにつながりますので、丁寧に行うことをおすすめします。

エイジングケア化粧水をお求めなら

「美」は、女性の永遠のテーマです。いくつになってもキレイでいたい、美しく若々しい肌でありたいと願うのは、女性として当然のことになります。しかし、想いとは裏腹に、人間の身体は年齢を重ねると共に美肌に必要な成分が減少していき、シミやシワ、くすみ、肌荒れ、乾燥などの様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

そんな年齢肌にお悩みの方々から注目を集めているのが、「エイジングケア」です。エイジングケアの方法は多岐にわたりますが、まずは食事・睡眠・運動などの生活習慣を整えることが大切です。美は、健康と深い関係があります。

日頃から健康的な生活を過ごしている人は、周りから見ても元気で若々しい印象を与える人が多いように感じませんか?これは、美容と健康が相関関係にあることを示しているのです。

その他にも、UV対策をして紫外線を防いだり、乾燥を防ぐために徹底した保湿ケアを行ったりなど、美肌を手に入れるためには日頃の対策も重要なポイントになります。また、エイジングケア化粧水などを使用するのもおすすめです。化粧水や保湿液などのスキンケア用品は、会社によって配合されている成分が異なりますし、肌質に特化して開発された製品も多数販売されておりますので、エイジングケア化粧水をお使いになることで年齢肌のお悩みに効率よくアプローチできると思います。

モルティーでも、楽天ランキングや口コミで多くの女性から人気を得ている、エイジングケア化粧水や美容液、保湿クリームなどのスキンケア用品を取り扱っております。モルティーは、エステサロンを専門として営業していたのですが、サロンで使うコスメをずっと使い続けたいというお客様のご希望を受け、通販サイトでのご提供を行うようになりました。 今までのケアよりも、これからどのようなエイジングケアをしていくのかが、何よりも大切なことになります。是非、モルティーの商品で毎日のお手入れを行ってみてください。

肌に合った基礎化粧品

美容を日頃から心掛けている方は、肌の状態にとても気を使われているのではないでしょうか。
基礎化粧品を購入する際、どのように選ばれているのでしょうか。口コミランキング、CMで見かける人気商品や店頭おすすめ商品を購入していませんか。

肌質は人それぞれ違うので、敏感肌の方は敏感肌化粧水を使用するなど、基礎化粧品を肌質に合わせることが大切です。肌はとても敏感で、ストレスでニキビなどの肌荒れを起こす方もいらっしゃり、食生活や睡眠にも気をつけて肌に合った化粧品を探していてはいかがでしょうか。

基礎化粧品を変えるタイミング

人気がある商品だからと使用していても肌に合っていない可能性はあります。きちんとスキンケアを行っているのに肌がカサカサ、ヒリヒリと感じることがあれば、明らかに肌に合っていない状況ですので適切な処置が必要になってきます。特に敏感肌の方は肌のトラブルになりやすいので、肌に合わないと感じたらすぐに使用をやめましょう。

化粧品に含まれている成分を気にする

スキンケアを行う上で大切なことはすべての基本となる化粧水選びです。
乾燥肌や敏感肌の方は含まれている成分を確認して敏感肌化粧水を購入してみてはいかがでしょうか。

ヒアルロン酸
保湿力が高く皮膚に吸収されやすいので、肌の水分量を高めるといわれています。
また空気中の湿度に左右されることなく一定の保湿力があるという特徴があります。
コラーゲン
コラーゲンはとても有名ではないでしょうか。コラーゲンは20代をピークに減少していきますので、肌の弾力やハリを保つためにもコラーゲン成分が含まれた商品を選んでみてはいかがでしょうか。
セラミド
セラミドは肌を水分や油分で包み込むので、水分の減少を防いで保湿してくれるとともに、外からの刺激からも守ってくれるので、乾燥肌や敏感肌に最適な成分といえます。セラミドが含まれた敏感肌化粧水を選んでいる方は多くいらっしゃいます。

このように自分の肌に合った基礎化粧品を探すために、自分の肌質を知ってそれに合う成分が含まれた基礎化粧品を選ぶことが大切です。 モルティーでは敏感肌化粧水など豊富な数の基礎化粧品を取り扱っております。

正しいスキンケア方法

美容のためにもスキンケアはとても重要です。毎年夏にうっかり日焼けをしてしまって美白スキンケアを行っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。目的にあったアイテムで正しく美白スキンケアを行いましょう。

最近は男性の中にも美容に関心のある方が増えてきて、女性並みのスキンケアを行っている方もいらっしゃるようです。こちらでは美しさを保つために正しいスキンケア方法をご紹介いたします。

クレンジング

クレンジングはメイクが濃い部分から重点的に行うことが基本です。眉、アイメイク、口紅などメイクが濃い部分から、たっぷりとクレンジング剤を馴染ませてください。クレンジング剤は種類も様々です。クレンジングミルクやクレンジングクリーム、クレンジングジェルなど色々なタイプがあるので、自分に合ったクレンジング剤使うことが大切です。

洗顔で汚れを落とす

ニキビができてしまうと気になって、1日に何度も洗顔する方もいらっしゃるかと思いますが、洗顔しすぎると新たなトラブルを起こす原因にもなりますので、洗顔のしすぎには気をつけましょう。また洗顔の基本は泡洗顔です。
汚れを落とすためにゴシゴシと力強く洗顔している方は、肌への負担が少ない泡洗顔でやさしく洗顔を行うようにしましょう。

水分を補う

洗顔の後は化粧水で肌に水分補給をしましょう。化粧水を利用するときに肌に叩いてしみ込ませている方もいらっしゃると思いますが、その方法だと角質が厚くなる原因にもなります。コットンや手のひらで、しっとりと包み込み馴染んでいくようなイメージで、化粧水をつけるようにしましょう。

化粧水の利用の後には乳液や保湿クリームを使ったスキンケアも必要になります。休日などに時間があればマッサージやパックを行うこともおすすめです。日焼けをしてしまったときには日焼け用の美白スキンケアを行う必要があります。

モルティーには楽天総合ランキングでも上位を獲得した実績の商品もあり、人気のスキンケア商品を数多く取り扱っております。ご自分の肌に合う基礎化粧品をお探しの方は是非ご利用ください。口コミが気になる方はレビューを参考に、お好きなアイテムをお選びください。

美白肌を目指すために必要なこと

毎年夏になると紫外線対策をされる方が多くなると思います。しかし紫外線は夏に限らず年中浴びているので、紫外線対策は必要になってきます。紫外線が強くなるのは4月頃からなので、夏になって本腰を入れるのではなく、早めの対策で肌のトラブルを避けましょう。

今は便利なオールインワンコスメもあるので気軽に紫外線対策をすることができます。こちらでは美白を目指すために必要なことを幾つか紹介いたします。

肌に紫外線は大敵

紫外線が肌に悪影響があることを知っている方も多いと思いますが、実際にどのような影響があるのかご存知でしょうか。紫外線を浴びると肌荒れやシミなど肌老化を進める影響があります。しかし悪影響ばかりではなく、人体でビタミンDをつくるためにも紫外線は必要です。1日15分くらいが日光浴するのに適した時間なので、バランスよく紫外線対策をする必要があります。

積極的にUVカット加工商品を使う

サングラスをはじめ様々なUVカット加工商品が販売されています。外に出かける時にはこれらの商品を上手く使って肌を守りましょう。

シミや毛穴の黒ずみ

シミや毛穴の黒ずみは、美白を考えるうえで乗り越えなくてはいけない壁ではないでしょうか。
シミは薄い時に化粧水などを使い、うるおいケアすることが大切です。毛穴の黒ずみは古い角質や落とし忘れた化粧品が原因でできるので、基本洗顔でのケアになります。シミや毛穴の黒ずみの対策を一つでできるオールインワンコスメを探してみてはいかがでしょうか。

美白肌を目指すために必要なことを幾つかご紹介いたしましたが、最近は化粧水や美容液を含んだオールインワンコスメも数多く販売しているので、自分に合う基礎化粧品を見つけて対策を行ってみませんか。

モルティーでは基礎化粧品やオールインワンコスメを取り扱っております。特に朝忙しくて時間のない方にとってオールインワンコスメはとても便利なアイテムです。
モルティーは口コミだけでなく、ランキング形式でも人気のあるアイテムがわかりやすく、実績のある高品質な化粧品を多数取り揃えていますので、安心してご利用頂くことができます。

肌を若く見せる要因

ヘアスタイルや洋服で若く見せることは可能ですが、肌年齢が高く見えるとアンバランスになり、若作りと思われることもあるので気をつけなければいけません。それほど肌の状態は第一印象を決定づけるものではないでしょうか。
最近ではアンチエイジング化粧水など様々なアイテムが賑わいを見せています。

若返りを図るための努力は、女性なら誰でも考えることで、いつまでも瑞々しくて若々しい美白肌でいたいはずです。こちらでは肌にツヤ・弾力を見せる要因をご紹介いたします。

肌の水分量

肌の水分量が減少してしまうと乾燥した状態になります。乾燥によって見た目にも、触れたときの感じも歳を重ねたように見えるため、肌への水分補給はとても大切です。若々しいお肌は弾力があります。肌に物を押しつけても痕が残りにくい肌は弾力があるといえます。肌の水分が保たれていることによって弾力は生みだされます。
その理由からでしょうか、水分補給のためにアンチエイジング化粧水を求める方は後を絶ちません。

シワや毛穴の黒ずみ

肌の水分量は見た目では判断しにくいですが、シワやシミ、毛穴の黒ずみは見た目で判断することができます。
日頃からのスキンケアを怠っていると、シミや毛穴の黒ずみなどの原因になります。洗顔後によく鏡で洗い残しの毛穴の汚れがないか、確認することも大切です。また、スキンケアを正しいやり方でおこなっていても、食事や睡眠、飲酒、喫煙など生活習慣が乱れていると、肌トラブルの原因になるので気をつけていた方がいいでしょう。

目元・口元

目元は疲れやストレスの影響が現れやすい部分です。専用の保湿クリームでしっかりとスキンケアをおこないましょう。口元も目元同様に十分に保湿しましょう、特に口元は乾燥しやすく肌が荒れやすい部分です。
他の部分より保湿クリームを多めに馴染ませましょう。

アンチエイジング化粧水ランキングなどの人気口コミサイトを参考に様々な商品を試している方、健康的で明るく、ツヤのある美人肌を手に入れるには、日頃の継続したスキンケアがとても大切です。基礎化粧品を上手く活用することをおすすめします。

モルティーではスキンケア商品を取り扱っております。継続してスキンケアができるよう、定期購入などの商品も扱っています。若々しい健康的なお肌を保つための化粧水もございますので是非ご利用ください。

エイジングケアの基礎知識

 エイジングケアという言葉をご存知でしょうか?
「アンチエイジング」が流行して最近ではテレビや雑誌などの各メディアでも、エイジングケアに関連した特集が組まれるようになりました。
エイジングケア化粧水・乳液・美容液など、様々な人気コスメが世に出ているわけですが、そもそもエイジングケアとは何なのか?
 その詳細についてあまり認識されていない方も多いことに気づきます。そこでこのページでは、エイジングケアの基礎情報をお届けします。

エイジングケアとは?

 お肌のトラブル(しわ・しみ・たるみ・くすみ・毛穴の開き・乾燥・ニキビ)から、加齢(エイジング)に対するお手入れ(ケア)のことをエイジングケアと呼びます。
肌細胞を増やしたり、肌の酸化を防いだりして、老化に立ち向かっていきます。
 ではエイジングケアとアンチエイジングの違いについてですが、基本的には同じような意味なのですが、アンチエイジングの方が老化を防止する要素が強くなっています。そのためアンチエイジングを謳えるのは医薬部外品のみとなっております。
 このため、化粧品CMでもアンチエイジングという言葉が使われておらず、その代わりにエイジングケアが使われ、今では一般の人の間でもかなり浸透しています。

年代別のエイジングケア

 お肌の曲がり角は25歳といわれていますが、実は10代後半のうちから皮膚機能は徐々に低下していきます。そのため、早いうちからのケアをおすすめします。ホルモンバランスが不安定な10代〜20代はニキビ肌のケアを中心に、乾燥・しみ・しわが目立ち始める30代〜40代には使用する化粧品選びにもこだわりを持ち、たるみが大きく出てくる50代にはリフトアップ効果を高めるマッサージもプラスされると良いでしょう。

エイジングサイン

・頬の毛穴が目立つようになってきた。
・目元、口元の小じわが目立ってきた。
・口角が下がってきた。
・シミが増えてきた。
・表情が暗い印象にみえる。
・メイクのノリがイマイチ。

 お肌に表れるさまざまなエイジングサインの大きな原因は、加齢や紫外線です。
お肌はこれらの影響を受けることで、肌バリア機能が乱れ、皮膚の水分が奪われやすくなります。
 この状態ではまだ、お肌が少し乾燥している程度の実感しかないのですが、そのままにしていると、乾燥による小ジワが大きなシワになってしまったり、さらに不安定になったターンオーバーが原因で角質が厚くなりくすみやシミができてしまう可能性も。また、毛穴が広がりお顔がたるんでしまう恐れまで。
 このような肌トラブルがたくさんおきる原因は加齢や紫外線によりお肌が乾燥してしまうからです。
ですのでエイジングケアへの対策としてお肌への保湿はとても重要です。

モルティーのトリプルローションを試してみませんか?ランキングサイトや口コミでも「美容に良い」と話題のスーパーヒアルロン酸・コエンザイムQ10・ビタミンC誘導体をたっぷりと配合したエイジングケア化粧水です。ご自身の今の肌の状態に「このままではいけない」と焦りを感じていらっしゃるのであれば、是非ご愛用ください。

お肌の仕組みを知って正しいエイジングケアを

30代・40代になってくると、シミ・シワ・たるみ・くすみなどの年齢肌によるトラブルが目立ってきます。そんな年齢肌対策として注目されているのが「エイジングケア」です。正しいエイジングケアを行うためにも、表皮と真皮で構成されるお肌の仕組みを把握しておきましょう。

表皮

厚さ0.2〜0.3mm程しかない表皮の一番外側にある角層は、肌を外部刺激から守ってくれるバリア機能と肌内部の水分を蒸発しないように守る役割を果たしています。角層の下は肌の生産工場となっており、表皮の一番下にある基底層で作られた新しい表皮細胞は徐々に上に押し進み、角質細胞に変化を遂げて垢として剥がれ落ちるのです。この肌が生まれ変わる仕組みのことを「ターンオーバー」と呼んでいます。

しかし、加齢やストレス、生活習慣などの様々な要因でターンオーバーのサイクルが乱れたり、角層のバリア機能が十分に働かなかったりすると、シミやくすみなどの肌トラブルを引き起こすのです。

真皮

表皮の下で肌の土台を築いているのが真皮です。真皮は網目状に張り巡らされている繊維物質のコラーゲンと、それを繋ぎ止めているサポート役のエラスチン。網状構造のすき間を埋めるゼリー状のヒアルロン酸で構成されています。

主な役割としては、水分を維持してお肌の潤いと弾力を保ち、毛細血管により肌全体に栄養と酸素を届けることです。真皮に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が減少すると、肌の弾力が失われてシワやたるみが目立ってきてしまいます。

表皮と真皮の働きを正常に行うためにも、減少してしまう成分をエイジングケア化粧水によって外から補い、潤いを閉じ込めるように乳液や保湿クリームで蓋をしてあげる必要があります。

モルティーでは、年齢肌でお悩みの女性におすすめのエイジングケア化粧水・保湿クリーム・美容液などの基礎化粧品をご提供しております。どんな肌質の方にもお使い頂けますので、季節や肌のお悩みによって変える必要はありません。1つのシリーズを生涯愛用し続けられます。