.
RSS
 

顔のたるみを招く肌のお手入れ勘違い

皆さんは、毎日正しい肌のお手入れをしていますか?
お手入れは肌に直接触れて行うことなので、間違ったお手入れを続けるとダメージが蓄積され、たるみを引き起こします。顔のたるみを予防するためにも、間違ったお手入れを勘違いして続けていないか見直してみましょう。

 間違った洗顔方法

・洗顔のしすぎ

必要以上に洗顔をすると潤いに必要な皮脂も取り除かれ、肌の老化を招きます。日本人は綺麗好きな方が多く、洗顔をしすぎる方が多いようです。1日に使う洗顔料は最低2回まで、朝はぬるま湯ですすぐだけでも問題ありません。

・こすっている

顔を洗うとき、水分を拭き取るとき、こすっていませんか?摩擦は、肌にダメージを与えます。痛みは感じなくてもダメージは蓄積されるので、優しく洗う・拭き取るを心がけましょう。

 間違った化粧品の使い方

・パッティング

基礎化粧品を肌につけるとき、パッティングをしていませんか?
肌に良かれと思って行っているパッティングは、浸透力が低下するばかりか、肌を傷つける原因です。毎日続けると肌は刺激から守ろうとして硬くなり、たるみなど、様々な肌トラブルを招きかねません。
基礎化粧品をつけるときは、手で優しくおさえるようにして浸透させるのがおすすめです。

・保湿

保湿は美肌の維持に欠かせないスキンケアです。「時間がない」「肌のベタつきが気になる」などの理由で、保湿を怠ってしまうこともあるでしょう。しかし、保湿を忘れると乾燥肌を招き、たるみの原因です。保湿を忘れがちな方は、オールインワン化粧品の活用をおすすめします。

モルティーでは季節や肌の悩み問わずお使い頂けるオールマイティーなオールインワン化粧品や美容液クリームなどの基礎化粧品を販売しています。たるみ以外にも目元のトラブルや二重あごなどのケアにもお使い頂けます。
肌に良い成分を詰め込み、石油系合成界面活性剤や防腐剤、香料や着色料は使わず安全性にこだわりました。生涯ケアとしても使用可能です。肌に関する悩みをお持ちでしたら、是非一度モルティーの基礎化粧品をお試しください。